足の疾患

皮膚トラブルの中でも足に発生するのが水虫で、皮膚の表面だけでなく内側から治療をしてく必要があります。水虫の治療は皮膚科で受診して進めていくことがほとんどですが、完治するまではしっかりと治療を続ける必要があります。

More

人間に生息するカビ

水虫は人間の角質層に潜むカビで、放っておくとかなり活発化していきます。水虫になってしまった場合は皮膚科に行って治療をする必要があります。皮膚科では飲み薬や塗り薬などを処方してくれます。

More

増える水虫患者

水虫を治療する時には、飲み薬や塗り薬を利用しますが、特に塗り薬を利用する時には工夫して塗ることが大切です。効果的に塗る為にも、足を清潔な状態にして塗っていくことが大切です。

More

水虫を予防する

水虫は日常生活の中で工夫をすることによって予防することが可能になっています。特に高温多湿の環境を好む水虫に対して、日々履いた靴を乾燥させる、アルコールで消毒するといったことが効果的です。

More

美容皮膚科のニーズ

新宿で営業中の皮膚科なら、様々な肌のトラブルを解消へ導いてくれます。肌で困ったらプロの力を是非実感して見てください。

最近ではテレビなどで美容皮膚科を取り扱っていることが多いと思います。また街頭でもその看板を掲げるクリニックも増えてきているように思われます。 では、皮膚科と美容皮膚科この違いはどこにあるのでしょうか。 まず、前者は塗り薬や内服薬を処方して皮膚の疾患を治療していきます。しかしよりきれいに治すという要素は含まれておらず、あくまでも疾患の治療に重点を置いております。 一方、後者は見た目を重視しながら症状を改善していくのに重点を置いています。例えばニキビについては、ニキビの治療をしながらニキビの跡や毛穴の開きや赤みもきれいにしていきます。ニキビの治療で終わりでなく肌のキメや透明感までもアップさせていくのであります。 美容に関して関心が高まっていることから美容皮膚科の需要は増えていくかもしれません。

美容皮膚科では皮膚のプロである医師の診察と治療が行われています。 診療科別の男女別の医師の割合を見てみると皮膚科では4割以上が女性医師が占めております。これは他の診療科に比べると女性医師の占める割合は高いものとなっております。やはり女性の方が美に関する関心が高いということがあるのかもしれません。そのため美容皮膚科の医師も女性医師の数は多いものと思われます。 また、美容皮膚科ではレーザー治療でシミやしわやたるみなどの改善治療も行っております。日々進歩するレーザー技術に関して専門的な知識を有しなければなりません。美容皮膚科で診療を行う医師は積極的に常に新しい技術を取り入れていく姿勢が求められているようです。