増える水虫患者

近年では、女性の間で水虫が増えているといわれています。そもそも水虫は、白癬菌というカビの1種が皮膚に感染して起こる病気です。このカビは身の回りにたくさん存在し、気付かないうちに皮膚に付着してしまいます。 なぜ女性に増えているかというと、最近では蒸れやすいブーツを履く方が多く、こういった靴は非常に足が蒸れる原因となります。白癬菌は高温多湿の場所を好むために、ブーツを長時間はくことで水虫になりやすくなります。 主な症状としては、水泡ができたり、皮膚が剥がれたり、かゆみ、皮膚がじゅくじゅくした状態になります。また、症状がひどい場合は、強い痛みや出血を伴う場合もあり、なかなか完治しにくい皮膚の病気といえます。

水虫を効果的に治療するには、塗り薬が最適です。塗り薬には、皮膚に入り込んだ白癬菌を殺菌する成分が入っているからです。 しかし、薬を使用してもなかなか治らないという声はよく聞かれます。しかし、なかなか治らない場合は、薬の塗り方が間違っている可能性が高いです。そのため、再発を繰り返しているケースがほとんどなのです。 水虫の薬の正しい塗り方は、まずは足が清潔な状態のときに塗ることが大切です。お風呂上りなどきちんと石鹸で洗ってから、塗るようにします。 その他の注意点は、塗り始めてしばらくすると症状はおさまりますが、少なくとも1、2カ月以上は根気よく薬を塗ることがポイントです。症状が治まったのは、菌が完全に死滅したのではなく、活動が停止しているだけだからです。なので、皮膚が新しく入れ替わる1、2ヶ月は塗り続ける必要があります。