足の疾患

水虫は主に靴で常におおわれている足に発症する疾患のひとつです。皮膚の中でも外側の表皮部分ではなく、ひとつ奥側の角質部分に真菌つまりカビが発生して痒みや発疹などを引き起こします。 水虫は皮膚に主に発症するので内部筋肉や他の臓器に移るという心配はありませんが、高めの温度と水分を好む性質を持っているので早い時期での根治が難しい疾患でもあります。 水虫が発生しやすいのは足で指と指の間、足裏、かかとになります。 水虫の最もわかりやすい症状は激しい痒みとジュクジュク感です。 症状の中でも外見上の特長で乾燥型と湿気型がり、乾燥型では足の皮膚がポロポロと?けてはがれおちます。 湿気型の場合は発疹であったり、赤みをもってジュクジュクとした感じの皮膚の周囲がポロポロと?けてはがれおちます。 このはがれおちた皮膚片も水虫の原因の真菌がついているので室内に落ちたままにならないようにしっかりと掃除を行いましょう。

水虫の治療は皮膚科の受診をお勧めします。皮膚の判断は良く似た症状が多いので、市販薬を使うケースも多いのですが検査設備を持つ医療機関の皮膚科医で最初に検査をして、その時の症状に合った薬を処方してもらう方が安心度が高いでしょう。 皮膚科での治療はまず水虫である事を確定する為に皮膚片を使っての検査と患部の症状に合わせた薬の処方です。 患部の症状を押さえ、殺菌する外用薬がメインになります。 症状によっては指定された間隔で来院し、治療用医療器具で消毒と治療を行う事もあります。 皮膚内部で増殖している真菌を無くし、症状を軽減しつつ完治に向かって継続的な通院治療を行う事がもっとも安全な治療方法になります。 水虫は家族に移しやすい疾患でもあるので、身体に使う物は完治するまでは共用しないで専門に使う必要があります。 裸足での生活は床面や畳などに患部が直接付く事になるので、家族への感染防止の為避けましょう。 そして使用後の靴の乾燥と消毒、1日を通しての足の衛生面も考えましょう。通気性の良い靴下や除菌性の高い靴下の使用と、湿気をためこまないようにしましょう。 完治までの気を抜かない治療と毎日の努力が大切です。